動物モチーフアクセサリー紹介〜その3〜

                                
2016.07.31

動物モチーフアクセサリー紹介〜その3〜

UNICORN TOP1
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr

今回は好評いただいている動物をモチーフにしたアクセサリーの紹介第3弾をお届けします。

一口に動物モノと言っても立体的なもの、平面的なもの、シルエットのみ、そしてリアルなもの、可愛らしくデフォルメしたもの、など様々。

例えば飼っているペットのアクセサリーが欲しい!と思った時にどんなスタイルのアクセサリー、またはジュエリーにしたいのか、迷うことと思います。
第一弾第二弾、そして今回、いろいろな作品を紹介していますので、是非参考にしてみてください!

子トラのリング

Children of the tiger RING
リアルなトラのリング。
ですがただのトラではなくて、「子供のトラをリングにして欲しい」というご依頼でした。
赤ちゃんではなく、子供。
輪郭が丸く目が大きくて、そして毛足が短い、子供のトラをうまく表現できたと思います。

ユニコーンのネックレス

UNICORN TOP
想像上の動物、ユニコーンをモチーフにしたネックレス。
裏側にしても使用可能な完全立体作品です。
ユニコーンの最大の特徴である角は18金で製作。
顎のヒゲや二つに割れた蹄など、細かな部分までこだわり抜いて製作しました。
ユニコーンの大きさは高さ約30mm横幅約20mm。躍動感のある態勢は某跳ね馬のロゴマークを参考にしています。(あくまで参考に)
バチカンにはラピスラズリをセット。裏側お腹部分にはイニシャルを彫り、オリジナリティの高い作品になっています。

マルチーズのピアス

MALTESE PIERCE
1セットで製作したマルチーズのポストピアス。
一匹はペロッと舌を出し、もう一匹は口にルビーを加えています(画像わかりにくくてすみません)。
舌はキャスト後に別途製作してロウ付け。
地金の状態で加工しているので、複製用の方は一つで済みますし、大幅に金額が上がる訳ではないので、かなりお勧めな方法です。
同じアイテムでも途中で細部を加工することで違う作品に出来る、オーダーメイドならではの作品です。
「よく見ると片方は舌出してて、片方は石くわえてるんだよ!」周りの人につい説明したくなっちゃうような楽しいピアスになりました。

フクロウのリング

OWL RING
こちらのフクロウはかなりデフォルメした顔が印象的なリング。
無駄を極力減らし、非常にシンプルな構造でフクロウを表現しています。それでもしっかりとフクロウと分かるので、なかなか完成度高いですね(笑・自画自賛)
ですが実は顔以外の部分、つまりリングの正面以外の部分は羽が全体に彫り込まれていて、正面のシンプルさとは打って変わってリアルなイメージになっています。
OWL RING1_1
そしてまた尻尾はディフォルメされたデザイン。
なかなか斬新ですが、なぜかバランスが良く全く違和感がありません。

フクロウのリング2

OWL RING2
こちらは上のフクロウとはまたイメージが違いますが、ディフォルメされた顔、という部分では同じ。
どちらかというとリアルな方向でディフォルメされています。
リングの側面にはアイヌ文字が浮き出ているように彫刻されています。

種類は違えど同じフクロウというモチーフ、さらにどちらもディフォルメされたデザイン。でも、ここまで違うイメージになる、という良い例だと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、そろそろ動物モチーフのアクセサリー紹介も終わろうか、と思っていたんですが、まだまだ過去にオーダーいただいたアイテムの画像があって、紹介したいものがたくさん。

なので、もう少し続けてみようかと思っています。
第4弾、ご期待ください!

orderbanner
=====================
オーダーの流れ・注意点に関して→ ABOUT
過去のオーダー作品はこちら  → WORKS
お問い合わせはこちら    → CONTACT
=====================