オーダーメイド ネックレス 紹介 Vol,3【ホースシューアイテム】

                                
2016.08.10

オーダーメイド ネックレス 紹介 Vol,3【ホースシューアイテム】

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr

前回まで5回に分けて紹介してきたホースシュー型、つまり馬蹄・蹄鉄型のオーダーネックレスですが、完成品を今回紹介して一通り終了としたいと思います。

というわけで、早速完成した作品のご紹介です。
Horseshoe PendantTop1_17
全体に装飾の入ったオリジナルシェイプのホースシュー型のネックレストップ。
中央にはRの文字がセットされています。

Horseshoe PendantTop1_20
サイズは縦45mm(バチカン含む)、横32mmとなかなかボリュームがあります。
さらに厚みが全体で5mmあり、しっかりとした立体感を演出しています。

当然重量もなかなかのもので、ゴツめのシルバー好きにはたまらない存在感です。

Horseshoe PendantTop1_22
馬蹄のラインや側面の彫刻などとても滑らかなラインとは対照的に、中央の文字や馬蹄の頂点など非常にシャープでエッジの効いたラインが不思議なほど違和感なく融合しています。

Horseshoe PendantTop1_21
馬蹄の唐草模様のような彫刻もラインの中央を頂点に、エッジの効いたシャープなラインを出しています。
しかもよく見ると、全て「彫った段差の中」に唐草模様が収まっているような構造になっていて、陰影をしっかり強調しています。

Horseshoe PendantTop1_23
裏面はフラット。金種(SILVER)と純度(925)の刻印が打刻されています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SV925ペンダントトップ
素材(Material):SV925
サイズ(Size):縦45×横32mm、厚み5mm(バチカン含む)
参考価格:¥80,000〜
納期:約2ヶ月
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ホースシューのアイテムは根強い人気があり、定期的にご依頼いただくものの一つです。

もちろんデザインも千差万別。

シンプルなものから今回のもののように全体に装飾の入ったものまで様々。
という訳で、過去にオーダーいただいたホースシュー型のアイテムをここで幾つか紹介したいと思います。

ダイヤをセットしたホースシューリング

Horseshoe1
こちらはご依頼主様の会社の創立記念で製作させていただいた馬蹄リング。
やはりラッキーアイテムとしての意味合いが強いモチーフだけに、記念品として製作することもあります。
菱形の枠の中にはダイヤモンドをセット。

こんなリングを創立記念で作る会社、なかなか面白いですね!

ホースシューピアス

Horseshoe2
こちらも形状的にはシンプルなものですが、なかなかボリュームのあるピアスです。
ジルコニアを2石セッティング。特徴的な文字と合わせて、かなりインパクトのあるピアスになりました。

ガーネットを留めたホースシューリング

Horseshoe3
こちらは馬蹄の中にガーネットを留めたリング。
リングは縁のある甲丸状で、腕部分にはほぼ一周文字を彫っています。
リングとのつながり、バランス、馬蹄の形、ボリューム感など、随所に非常にこだわりました。

木材を埋め込んだホースシューリング

Horseshoe4
最後に紹介するのはかなり厚みがありボリューミーなこちらのリング。
一風変わった形状のホースシューの正面はエボニー(黒檀)という木材を埋め込んでいます。
(G-IRONは木材を埋め込んだアイテムも得意。木材を埋め込んだアクセサリーに関してはまた後日書きたいと思います)
リングの腕部分、そしてリング腕中(内側)にも文字を彫り、スタイリッシュでありながら全体としてかなりパンチの効いたリングになりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

幸運のアイテムとして知られるホースシュー。
アクセサリーやジュエリーなど身につけるアイテムとしてはとてもポピュラーなモチーフで、デザインの自由度も高く、クラシカルにもモダンにもする事が出来ます。

御守り的な意味合いで製作する方も多いので、馬蹄モチーフが気になる方は是非お気軽にお問い合わせください!

orderbanner
=====================
オーダーの流れ・注意点に関して→ ABOUT
過去のオーダー作品はこちら  → WORKS
お問い合わせはこちら    → CONTACT
=====================