動物モチーフアクセサリー紹介〜その2〜

                                
2016.07.24

動物モチーフアクセサリー紹介〜その2〜

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr

前回はシンプルなオーダー品のご紹介をしましたが、今回はまた動物モチーフのオーダー品に戻りたいと思います。
ある意味「This is ORDERMADE!」と言わんばかりの「動物モチーフ」のアクセサリー・ジュエリーを紹介します。

まずはこちらから!

狼のチームロゴネックレストップ

WOLF TOP PAIR
とあるチームのロゴを立体的に造形。
リアルな狼ではありませんが、オリジナルのロゴのイメージに忠実に制作しています。
右側面(着用時は裏面)に付けたプレートの文字にも注目。

眼帯をしたチワワのネックレストップ

Chihuahua TOP
G-IRONのラインナップアイテム、「ミニブルペンダント」の枠を流用して、センターのブルドッグをご依頼主様の愛犬のチワワに変更した作品。
片目の見えないチワワのために眼帯を付けたオリジナリティの高い立体作品で、四角い枠の中でチワワが回ります。
(とはいえ、耳がぶつかるのでちょっとしか動きませんがw)

ワニのリング

CROCODILE RING
こちらは鱗までリアルに彫刻されたワニのリング。
ミシシッピーワニという種類のワニで、潰れたような顔が特徴です。
首の周りの皮膚感、指先まで彫られた鱗、細部まで非常にこだわって制作した作品。
当然、着用時に周りの指に当たらない様にワニの手の角度は計算されています。

象のピアス

ELEPHANT PIERCE
リアルな象をそのままピアスにした様な作品。
耳が小さめなので、アジアゾウでしょうか。
象の最大の特徴である鼻は先端の穴から付け根のシワに至るまで、細かい作品ながらも可能な限りリアルに仕上げました。
目にはφ1.25mmのアメジストをセット。
実は実際の象の目の大きさと比較すると石のサイズが大きく、目の大きな象になっていますが、石留めの際にできるだけ周りの地金を寄せることで、可能な限り目のサイズをリアルな象に近づけています。(それでも大きめですがw)

音符をつかんだ鳥のネックレストップ

BIRD TOP
こちらは非常にシンプルな作品。
0.5mm厚のSV950の板からシルエットを切り抜いて製作しました。
音符をつかんで飛び立つ鳥が躍動感を感じさせる作品です。

豹のピアス

LEOPARD PIERCE
ネコ科の中でもスマートなイメージの豹をピアスにしました。
豹の特徴でもある黒い斑点は入れつつも、細かな毛並みなどは入れずにシルバーアクセらしく仕上げはピカピカに光らせています。
目にはブラックジルコニアをセットしました。

魚のネックレストップ

FISH TOP
今回最後に紹介するオーダー作品は魚をモチーフにしたネックレストップ。
極力シンプルに、細かな装飾など入れずに、でもしっかり魚だと分かるように製作しました。
実は完全な立体ではなく、板の両面をカーブさせたような形状で、どことなく味のある作品になっています。
目にはルビーをセット。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は全てシルバーのみの作品。
銀板から切り抜いた鳥のネックレストップはSV950ですが、その他は全てキャスト製法で、SV925を使用しています。

ハードなものからポップなもの、リアルなものからデフォルメしたものまで、なんでもござれです(笑)

動物モチーフのオーダーアクセサリー、気になる方は是非お気軽にお問い合わせ下さい!
「こんなの作れる?」的な簡単な質問はCONTACTからお気軽に、もう少し具体的に欲しいアイテムが決まっている場合はORDERからお願いします!

orderbanner
=====================
オーダーの流れ・注意点に関して→ ABOUT
過去のオーダー作品はこちら  → WORKS
お問い合わせはこちら    → CONTACT
=====================