動物モチーフアクセサリー紹介〜その1〜

                                
2016.07.22

動物モチーフアクセサリー紹介〜その1〜

PITBULL TOP1
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr

G-IRONは今までに様々なアクセサリー、ジュエリーのオーダーメイドを製作してきました。
なんだかんだ10年間続けてきただけあり、合計すると相当な数になりますので、今後もブログやWORKSで徐々に紹介していきます。

今までは「一回の記事で一つのアイテム」を出来るだけしっかりと紹介するスタイルでしたが、モチーフやジャンルごとに幾つかのオーダーアイテムを紹介するのも見応えがあるかな、と思い立ちました。
なので、今後は時と場合に応じて一つの作品をしっかりと紹介する場合と、複数の作品をまとめて紹介する場合と使い分けていきます。

という訳で、今回はオーダーアイテムの中でも人気の高い「動物モチーフのアクセサリー」を紹介。
それでも数が多いので、とりあえず今回はその1という事で、何回かに分けて紹介します。

動物モチーフのアクセサリー

動物モチーフのアクセサリーとは言っても、リング、ネックレス(ペンダント)、ピアス、その他など様々。
動物も犬猫から爬虫類、鳥、さらには想像上の動物まで、多岐にわたります。

動物モノのアクセサリーを探している方、気になる方、ぜひ参考にしてください!

それでは紹介していきます。

猫のドッグタグ型ネックレス

CAT TOP
まずはとってもスタンダードなオーダー品から紹介。
リアルな猫をドッグタグタイプのペンダントトップに付けた物。例えばドッグタグの部分に文字を彫ったりと、動物のみのアイテムよりも自由度が上がります。
こういった動物モノのオーダーメイドの場合、犬猫等の動物の場合はほとんどが「飼っているペットをモチーフにして欲しい」というご依頼。
愛犬や愛猫の写真をお送りいただければ、可能な限り似せて製作します。

アメリカンピットブルテリアのネックレス

PITBULL TOP
上の猫のように板を付けたモノではなく、リアルな顔そのもので勝負した作品。
直系で4cmオーバーとかなりの大きさ。少し言い過ぎかもしれませんが、イメージ的にはビリヤードの玉くらいの大きさな感じ。
がっつり裏抜きはしていますが、それでも重量はかなりのもので、細いチェーンではすぐに切れてしまうかもしれません。

隙間からライオンが覗くリング

PLANE LION RING
平打ちリングの一部が欠け、そこからライオンが覗いているようなリング。
ライオンの部分は金メッキ。それ以外の部分はブラックメッキ。
メッキのカラーを使い分けてライオンを強調しています。
さらに小さな文字と紫色のジルコニアをセット。

A・コッカーのピアス

A・COCKER PIERCE
アメリカンコッカースパニエルという犬をモチーフにしたピアス。
作りはリアルなイメージながら、毛の細かな模様は耳以外はあえて入れず、「アクセサリーらしさ」を演出しています。

虎とトランプのリング

TIGER&TRUMP RING
リーゼントの虎、トランプのカード、ビリヤードの玉、そして側面にはプレート。さらにリング全体は市松模様(チェッカーフラッグ模様)と、様々なご要望を盛り込んだリング。
中央のリボンにも彫られた通り、「ROCK’N ROLL」のイメージで全てを上手くまとめました。
シルバーと真鍮のコンビネーションもGOODです。

とかげのピンバッチ

Lizard pin batch
実はとある会社の社章らしく、数十個単位でのオーダーでした。
リアルなトカゲをピンバッチに。
こんなピンバッチがスーツについていたらかっこいいですね!

象のペアリング

ELEPHANT PAIR RING
立体ではなくシルエット、というよりは絵をリングに彫刻したペアリング。
立体的でないので原型製作にかかる金額も抑えられますし、簡単に言えば絵のようなものなので、非常に自由度が高いです。
リングだけでなく、当然ネックレスなどでも対応可能です。

龍のフープピアス

DRAGON PIERCE
今回最後に紹介するアイテムは18金で製作した龍のピアス。
フープタイプのピアスで、口の前につけたポストが稼働することで着脱できます。
細かな鱗や指の部分までもリアルに再現しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とりあえず今回は8点紹介しました。
スタンダードなアイテムから一風変わったひねりの効いたアイテムまで様々だったと思います。

アイテムのディティールに関しては詳しく紹介していませんが、もし詳細に関してきになるアイテムなどありましたら、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

まだまだ動物モノのオーダーアイテムはたくさんあるので、また折を見て紹介します!

orderbanner
=====================
オーダーの流れ・注意点に関して→ ABOUT
過去のオーダー作品はこちら  → WORKS
お問い合わせはこちら    → CONTACT
=====================