orderbanner
===================
オーダーの流れ・注意点に関して→ ABOUT
過去のオーダー作品はこちら  → WORKS
お問い合わせはこちら    → CONTACT
===================

今回紹介するオーダーメイドアクセサリーは18金。
なんですが、一般的なイエローゴールドの18金アクセサリーでは無いんです。

18金の中でも少し変わった地金なので、その辺りを中心に紹介していきたいと思います。

オーダーメイド 18金グリーンゴールド ペンダントトップ

オーダー品を紹介する前に、まずはゴールドに関して少し説明したいと思います。
このブログでも以前から書いていますが、改めて。

ゴールドの表記

ゴールドは24分率で表記されます。
つまり24金は純金。他の金属が混じっていないほぼ100%の金になります。
一般的なアクセサリーやジュエリーでよく使われる18金は18/24なので、75%金の金合金という事になります。
75%金で、他の25%は他の金属(銀や銅)が混ざっている、という訳です。
金以外に混ぜる金属のことを「割金(わりがね)」と言います。
そのほかにも14金や10金、さらに純度の低い9金や8金という素材もあります。

ちなみに、プラチナやシルバーは1000分率で表記されます。
例えばPT900は90%プラチナ、シルバー925は92.5%シルバーという事になります。

なぜ他の金属を混ぜるのか

では、なぜ金以外の地金(金属)を混ぜるのか?
それは、純金のままでは柔らかくてアクセサリーとして強度が保てないためです。
簡単に傷が付いたりや変形してしまっては使うのが難しいですよね。
そのため、他の金属を混ぜる事で地金を硬くしてアクセサリーとしての強度を確保しているんです。
また10金など純度の低い金合金は当然18金など純度の高めな金合金と比べると価格が安い訳です。
ですので、コストを考えて10金を選択する、という場合も当然多くあります。

ゴールドの色に関して

ゴールドはいわゆる金色で、金自体の色はあなたが想像している通りの色です。
ですが、世の中にはピンクゴールドやホワイトゴールドなどいわゆる金色で無いものが多くありますよね。
それは、金以外の金属(18金の場合は金以外の25%)の配合によるものなんです。
つまり、割金(金以外に混ざっている金属)の配合を変えることで素材自体の色を変化させているんですね。

例えば、割金の中の銅を増やすとピンク色になります。
パラジウムという金属を増やすと白に近づきます。

ピンクゴールドは一般的な金(イエローゴールド)と比べると銅の配合比が多い訳です。
一般的な18金イエローゴールドの配合が

  • 金 75%
  • 銀12.5%
  • 銅12.5%

なのに対し、
ピンクゴールドの場合は

  • 金 75%
  • 銀4.2%
  • 銅17.9%
  • パラジウム2%
  • 亜鉛0.9%

となっています。
上と下を見比べると一目瞭然で、ピンクゴールドの場合は銅の成分が非常に多いですよね。
そうやって素材のカラーを調整している、という訳です。
※この配合は業者によって変わりますので、あくまでも一例です。

 

さて、ようやく本題です。

上記を踏まえ、今回のオーダーメイドアクセサリーを見ていきましょう。
まずはペンダントトップの仕様を簡単に紹介します。

オーダーメイド 18金グリーンゴールド ペンダントトップ
いわゆるカレッジリングのような仕様のペンダントトップ。

オーダーメイド 18金グリーンゴールド ペンダントトップ
中央にはグリーンガーネットをセットし、周りを取り囲むように文字が彫り込まれています。
グリーンガーネットはご依頼主さまのお持ち込み。紫外線で色が変わるカラーチェンジガーネットです。

オーダーメイド 18金グリーンゴールド ペンダントトップ
文字部分は膨らみを持たせて立体的な形に。
オーダーメイド 18金グリーンゴールド ペンダントトップ

オーダーメイド 18金グリーンゴールド ペンダントトップ
背面はこんな感じ。可能な限り光を多く取り込むため、かなり大きめの貫通穴を開けています。
また、裏抜き部分にも文字を彫り込んでいます。

G-IRONは「可能な限り手作業で製作する」をモットーにしていますので、原型製作にNCや3Dプリンターなどは基本的に使用しません。
当然今回もすべて手彫りで原型製作をしています。

今回のペンダントトップの一般的なカレッジリング(ペンダントトップ)との違いは、石の周りを囲んでいる文字でしょうか。
一般的なカレッジリングはゴシック体のものが多く、割とカチッとした文字が多いですが、今回は柔らかいイメージの文字を彫り込んでいます。
さらに上記の通り文字部分は膨らみがあり、実際にはかなり立体的になっています。
そのため、文字を彫るのが非常に難しいんですね。
いつものようにデザインを印刷した紙を貼るだけでは当然立体感に対応出来ないので、文字のバランスを調整したり、貼り方を工夫したりと手作業で製作するのは非常に骨が折れました。

ですが苦労した分、柔らかいイメージでいい雰囲気が出てかと思います。

 

さて、それでは話を素材の件に戻しましょう。
実は、今回の素材(地金)は18金グリーンゴールドなんです。

18金グリーンゴールド

一般的な18金イエローゴールドの配合は上記の通りですが、今回使用したグリーンゴールドには銅が入っていないんです。
具体的には

  • 金75%
  • 銀25%

となっています。

銅が入っていないため、一般的な18金よりも赤みが少なく、緑色に近いので、グリーンゴールドと呼ばれているんです。

ちなみに、一般的なイエローゴールドはこんな色。
18金 クロスペンダントトップ

今回のグリーンゴールドは
オーダーメイド 18金グリーンゴールド ペンダントトップ
こんな感じです。

当然写真の撮り方やブラウザの環境によって色味が違うので、実物と全く同じ色、という訳にはいきませんが、それでもイエローゴールドとの違いははっきりとわかると思います。

オーダーメイド 18金グリーンゴールド ペンダントトップ
地金の違いによって色だけでなく、例えば硬さや変色具合なども大きく変わってきます。
他にも色々なカラーゴールドがありますので、一風変わったゴールドアクセサリーが欲しい、というあなたは是非お気軽にお問い合わせください!

今回もオーダーありがとうございました!

最後に今回のオーダーメイドペンダントトップのスペックを紹介して終了です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
K18グリーンゴールドペンダントトップ
素材(Material):K18(18金)グリーンゴールド、グリーンガーネット(お持ち込み)
サイズ(Size):15mm×13.5mm×厚み4mm(バチカン除く)
参考価格:¥80,000〜
納期:約2ヶ月
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

orderbanner
===================
オーダーの流れ・注意点に関して→ ABOUT
過去のオーダー作品はこちら  → WORKS
お問い合わせはこちら    → CONTACT
===================