オーダーメイドリング 紹介【10金ブラウンゴールドのリング】

                                
2018.01.13

オーダーメイドリング 紹介【10金ブラウンゴールドのリング】

オーダーメイド10金ゴールドリング
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr

orderbanner
=====================
オーダーの流れ・注意点に関して→ ABOUT
過去のオーダー作品はこちら  → WORKS
お問い合わせはこちら    → CONTACT
=====================

 

ゴールドアクセサリーのオーダーが増えている、という記事を去年書きましたが、それ以来ゴールドの依頼は変わらず多いです。
以前は圧倒的にシルバーのオーダーが多かったのですが、今では半々、もしくは少しゴールドの方が多い位の割合になっています。

年が明けて金の相場が1g200円以上もグッと上がりましたが、徐々に落ち着いてきて昨日(1/12)付けで¥5,150/1gとなっています。
金相場は日々の変動はありつつもだんだんと上がり、これから下がる事はないだろうと言われていますので、素材としてはかなり高額なものになってしまいます。

実際、今日の相場で考えると、同じアイテムをゴールドとプラチナで製作した場合、もうゴールドで製作した方が金額が高い、という状況です。
比重を考えるとプラチナの方が重いので、同じものを製作した場合プラチナの方が重くなります。つまりそれだけ使用する材料費がかかる、というわけです。
その比重を考えても、もはやゴールドの方が高い、という訳なんですね。

とはいえ、上記はあくまでも純金、純プラチナの相場を基準に考えているので、
プラチナには950,900,850などの純度、ゴールドには18金,14金などの純度があり、どの素材を使用するかによって変わるので一概にはいえませんが。

まあとにかく金が高くなっている、という事です。

それでもゴールドの依頼が増えている、という事はゴールド自体の魅力はもちろん、「どうせオーダーするなら本気で」と考える方が増えてきているのかもしれません。
もちろんシルバーよりもゴールドが優れているという訳ではなくそれぞれに良い部分も悪い部分もありますが、「金額が張ってもゴールドで」と依頼してくださる方が増えているのは、こちらとしては嬉しい事です。
金額が高くても依頼しがいがある、と思っていただけてる、という事だと理解していますので、今後もご期待に添えるよう全力で製作していく所存です!

さて、本日紹介するのはゴールドの中でも比較的純度の低い、10金で作られたリングです。

10金のオーダーメイドリング

金の純度や表記、カラーに関しては以前の記事でも何度か書いていますので、参考にしていただきたいと思います。

今回のリングは10金。
では10金とは具体的にどんなものでしょう?

10金とは

金は24分率で表記します。純金が24金なので、24分の10、つまり全体の41.7%金が含まれている「金合金」という訳です。
一般的なゴールドのアクセサリー・ジュエリーは18金、つまり75%金が多いので、それに比べるとかなり金の比率が少ないです。
そのため、18金のような高級感は少ないかもしれません。
ですが、「金以外の地金」の割合が増えるという事は、それだけ他の金属の配合比を変化させる事が出来るので、カラーバリエーションが豊富になる、という訳です。
さらに、比率は低くとも「金」なので、ゴールドアクセサリーを所有している、という満足感も得る事が出来ますし、何より18金に比べるとかなり金額的には抑える事が出来ます。

ゴールド自体の金額が上がっている、という原因もあり、現在では10金だけでなく5金、9金、12金、など他の割合の金地金も多いですし、選べるカラーも今は結構豊富なので、思っている以上にハードルは低いと思います。
「ゴールドは欲しいけど、そんなにお金に余裕がないなあ」と思っているあなたにはかなりオススメの素材となります。

ブラウンゴールド

今回ご依頼いただいたリングは10金のブラウンゴールド。
ではブラウンゴールドは一体どんな配合でできているのでしょうか?

  • 金(Au) 41.7%
  • パラジウム(Pd) 11.3%
  • 銅(Cu) 47%

となっています。
金はその名の通り金色、パラジウムは白、銅は赤、とそれぞれ色味がありますので、それらを配合してブラウンを作っている、というわけです。
「金に赤と白を混ぜて茶色を作る」、というイメージ。
(配合的には銅の方が割合が多いので、実は銅合金なのでは?という疑問もありますが、一般的にはゴールドの仲間になっていますので、金合金という扱いで良いのかと思います。その辺個人的にも気になるので調べてみます)

そんな10金ブラウンゴールドを使用した今回のご依頼品がこちら!

オーダーメイド10金ゴールドリング
10金ブラウンゴールドのリング。

オーダーメイド10金ゴールドリング
厚みのある平打ちリングをランダムにカットし、立体感を演出。光のランダムな反射が楽しめます。

オーダーメイド10金ゴールドリング
リング中央には0.06ctのダイヤをセット。
爪などを作らず、伏せ込みで留めています。

 

ご依頼主さまからお送りいただいたご本人の着用画像。
オーダーメイド10金ゴールドリング
落ち着いた色味と少しボリューム感のあるシャープなリングが指を細く長く見せてくれます。

今回のリングのポイントは、槌目ではなく、あくまで平面をランダムに組み合わせた、という部分。
そのため反射の仕方がシャープで、大きくキラキラと光って見えます。
宝石のキラキラとは違った段階的な輝き、というんでしょうか。
少し表現が難しいですが、とにかく光の当たる角度でかなり表情が違い、見ていて飽きません。

一般的なゴールドよりも落ち着いた大人の雰囲気のブラウンゴールドとランダムカットのリングの組み合わせはとても相性が良く、ご依頼主様にもとても喜んで頂きました。
オーダーありがとうございました!

というわけで、最後に今回のリングのスペックを記載して終了です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
K10ブラウンゴールドオーダーメイドリング
素材(Material): K10ブラウンゴールド(10金)
サイズ(Size):9号、幅3mm、厚み2mm
参考価格:¥50,000〜
納期:約1ヶ月
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それではまた!

 

orderbanner
=====================
オーダーの流れ・注意点に関して→ ABOUT
過去のオーダー作品はこちら  → WORKS
お問い合わせはこちら    → CONTACT
=====================