オーダーメイド リング 紹介【クロスのペアリング】

                                
2017.01.10

オーダーメイド リング 紹介【クロスのペアリング】

オーダーメイドクロスペアリング
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr

去年のクリスマス、また年末に向けて色々なオーダーメイドアクセサリーのご依頼をいただきましたが、その中で何点かここで紹介したいアイテムがあります。
オーダーメイドアクセサリーの製作をご検討中のあなたに是非参考にして頂ければと思います。

今回はペアリングのご紹介です。

オーダーメイドペアリング のご紹介

やはりクリスマスということで、ペアアイテムは外せません。
今回はなかなかパンチの効いたペアリングになります。

こちら!
オーダーメイドクロスペアリング
ボリュームのある甲丸状のリングに立体的なクロスと蔦のようなイメージを彫刻したリングです。

オーダーメイドクロスペアリング
中央のクロスにはキュービックジルコニアをそれぞれ22pcsずつセット。
リングサイズは20号と12号、幅はそれぞれ22mmと19mmあり、かなりのボリュームです。

オーダーメイドクロスペアリング
リング腕中(内側)には文字を彫刻。
それぞれのお名前、そして日付が筆記体で彫刻されています。

リング腕中(内側)の彫刻について

少し話は逸れますが、リングの内側に文字や模様を彫る場合、どうやるか知っていますか?
ちなみに、レーザー刻印などを使わないでワックス原型の段階で彫る場合の話です。
彫るタイミングとしては特に決まっていませんが、私の場合は基本的にはリングの外側の彫刻が全て終わった後。
単純に位置などをしっかり確認したいからで、リングサイズを出し終わった後ですぐに内側の彫刻を行うのもアリかと思います。

さて、その具体的な方法ですが、実はリングを一度割るんです。
別のリングになりますが、画像で簡単に説明します。
リング内側加工1
全体的な彫刻・加工が終わったリングの内側にデザインを印刷した紙を貼り付けます。
リングの内側は紙が剥がれやすいので、色々と工夫して貼ります。

このままの状態で彫れれば問題はないのですが、ある程度リングに幅があり、かつdesignの文字が割と細かいので、デザインナイフでカットするのは取り回しがきかずにかなり厳しい。
なので、デザインナイフやその他刃物などが取り回ししやすいように、リングを一部カットします。
リング内側加工2
こんな感じ。
リングのデザインによってカットする場所や範囲は変わりますが、基本的には腕部分で、刃物ができるだけ取り回ししやすい箇所をカットします。これで刃物が入りやすくなりました。

あとはリングにできるだけ傷を付けない様に注意しながら、いつものように印刷した紙をカットして文字を彫ります。
リング内側加工3
そして、最後にカットした腕部分を付け直します。
リング内側加工4
このリングを付け直す作業が結構難しいのですが、ある程度の慣れや手順をしっかり分かっていれば、どんなリングでもほぼ問題ありません。

こんな感じでリングの内側に文字や模様を彫ることができる、という訳です。
もちろん、場合によってはレーザー彫刻なども利用します。
例えば、結婚指輪の内側など、一定の文字の大きさで綺麗に彫るのであれば、レーザー彫刻をお勧めします。
その辺りは金額や納期、そしてどんな仕上げにしたいか、で決めるのが良いでしょう。

だいぶ脱線してしまいましたが、オーダーいただいたペアリングに話を戻しましょう。
オーダーメイドクロスペアリング
今回、ペアリングということでデザインは全く同じですが、それぞれのサイズに合わせて全体の寸法が変わっています。
それに合わせて石(キュービックジルコニア)のサイズもそれぞれ違っていたりと、オーダーメイドならではのこだわりが詰まっています。
単純にサイズが違うだけではないぞ、という訳ですね。

側面から背面に向けて。
オーダーメイドクロスペアリング
オーダーメイドクロスペアリング
オーダーメイドクロスペアリング

今回のリングは「〇〇のリングが好きだけど、ちょっと違うんだよねー」というところから、とある既製品のリングを元にこちらでオリジナルのデザインを製作しました。
言い方によってはオマージュと言えるかもしれません。

これは捉え方の問題かもしれませんが、「コピー」や「パクリ」といった類いのものと明らかに違うのは、「元のリングが欲しいから同じものを作ってくれ」という訳ではない、という事。
(だとすれば、元のリングを買えばいい訳で)
あくまでもそのアイテムを土台に、自分なりの好みを盛り込んだオリジナルのアイテム、という点が大事な訳です。

以前の記事でも書きましたが、コピー・パクリ品の製作は当然お断りさせていただきますが、今回の様に、〇〇のテイストを生かしたオリジナルのアイテム、という事であれば、G-IRONとしては協力させていただくつもりでおります。
もしあなたが「〇〇みたいなアクセサリーが欲しいけど、でもちょっと違うんだよなー。こうした方がもっとかっこ良くなると思うのになー」などとお考えでしたら、是非お気軽にお問い合わせください。
ご希望の内容によっては「それは無理です」とお断りする場合もあるかもしれませんが、可能な限りあなたのご要望を聞き、いい方向に持っていける様にご協力させていただきます!

さて、それでは最後に、今回ご依頼いただいたペアリングの仕様を記載して終わりとさせていただきます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SV925オーダーメイドペアリング
素材(Material): SV925
サイズ(Size):20号・12号
正面部分幅22mm・19mm
リング厚み(腕部分)2.5mm・2mm
キュービックジルコニアφ1.5×22pcs・φ1.25mm×22pcs
参考価格:¥140,000〜
納期:約1ヶ月
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オーダーありがとうございました!

 

orderbanner
=====================
オーダーの流れ・注意点に関して→ ABOUT
過去のオーダー作品はこちら  → WORKS
お問い合わせはこちら    → CONTACT
=====================