オーダーメイド ネックレス 紹介 Vol,6【musthaveネックレス】

                                
2016.11.20

オーダーメイド ネックレス 紹介 Vol,6【musthaveネックレス】

must have top1_7
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr

前回までオーダーいただいたネームプレート型ネックレスの作り方を紹介してきましたが、今回は完成品の紹介となります。
作り方紹介は全6回。おさらい程度にリンク貼っておきますので、興味のある方はご覧ください。
第1回
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回

それでは完成品の紹介です。

オーダーメイド ネーム プレート ネックレス

この作品は福岡県行橋市にある美容室「musthave」様からのご依頼でした。
イギリスのロックバンドoasisを彷彿とさせるロゴマークにとてもセンスを感じます。
must have top38
サイズは60mm×16mm、厚みが2.5mmあります。
素材はSV925。いわゆる「スターリングシルバー」というやつですね。
must have top39
シンプルでありながら横長の長方形で結構なサイズがあるので、着用時のインパクトはなかなかのものです。
また、無駄な装飾がないので文字(ロゴマーク)がドンと正面に来て、お店の宣伝には最適だと思います。
もし美容室に髪を切りに行って、スタッフさんがこのネックレスをつけていたら否応無しに目に入って来ますよね。
must have top40
裏面はフラット。
ご希望があれば文字や模様を彫ったり、装飾を施すことも可能です。
お客様からは正面のみですが、裏には自分だけしか見ることが出来ない特別な意味を込めるのも良いですし、オンとオフで裏表を着け替える、というのも面白いかもしれません。
must have top41
こちらでの製作はペンダントトップのみですが、チェーンも本体に合わせていくつか提案させていただき、その中からお選びいただきました。
四角い本体とベネチアンチェーンの組み合わせはバッチリだと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6回にわたって作り方を紹介して来ましたので、ご覧いただいた方はわかっていることではありますが、
今回の作品は地金からではなく、ワックスを加工してキャストで製作しました。
しかもワックスを彫るのではなく紙を貼り、切り抜いた上に溶かしたワックスを盛る、という一風変わった手法。
それによりオーバーレイと同様に凹んだ(燻しの入った)面は綺麗に整っています。
またロウ付けを必要としていないので、文字同士が離れていてもバランスを機にする必要がありません。
(オーバーレイで今回の作品を制作する場合は各文字を切り抜き、位置がずれないように慎重にロウ付けする必要があります。
もしずれてしまった場合は元に戻すのが大変ですし、ロウ目が出ることも多いのです)
つまり、作品のサイズや文字の配置等を考慮してワックスから製作した、という訳なんです。

今回の作品は何度も書いている通り、枠の形、文字の内容、字体、その他装飾を追加するな等、かなり凡庸性の高いデザインなので、自分流にカスタムしやすいアイテムとして参考になるかと思います。
オーダーメイドをご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください!

それでは最後に今回の作品のディティールを紹介して終了としたいと思います。
オーダーありがとうございました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SV925ペンダントトップ
素材(Material): SV925、
サイズ(Size):縦16mm×横90mmmm、厚み2.5mm(本体のみ)
チェーン(Chain):SV925ヴェネチアンチェーン2.5mm、45cm
参考価格:¥48,000~
納期:約2ヶ月
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

orderbanner
=====================
オーダーの流れ・注意点に関して→ ABOUT
過去のオーダー作品はこちら  → WORKS
お問い合わせはこちら    → CONTACT
=====================