メンズ シルバーアクセサリー 紹介No,1

                                
2016.09.17

メンズ シルバーアクセサリー 紹介No,1

mens ring1
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr

ここのところクリスマスに向けて、ということでレディースやペアアイテムをメインで紹介してきましたが、
G-IRONは「SILVERWORKS」というだけあって、シルバーアクセサリー、とりわけメンズのアクセサリー製作が特に得意なんです。

その証拠に、G-IRONのラインナップではほとんどメンズアイテムばかりで、レディースはほぼ無し。ユニセックスで使えそうなものが幾つかある、という感じです。

オーダーメイドの場合はもちろんメンズでもレディースでもご希望に合わせて全力で製作しますので誤解して欲しくないんですが、個人的にはメンズ、というよりはゴツめのアイテムが好みで、そういったものを製作している時がより個人的にはより楽しんでいる気がします。

そんな訳で、今回はある意味原点回帰ということで、オーダーいただいた作品の中から、シルバーを中心としたメンズのアクセサリーをピックアップして紹介したいと思います。
結構数が多くなりそうなので、数回に分けてお届けします!

メンズ シルバーアクセサリーの紹介

一応メインはシルバーですが、中にはゴールドで製作したもの、シルバーとゴールドのコンビネーション、真鍮を使用したもの、などシルバーのみ、というわけではありませんので、ご理解のほどをよろしくお願いします。

文字を全面に彫ったリング

mens ring2
ご家族それぞれのお名前をリングに一周彫り、名前の間にはスクエアのキュービックジルコニアをセット。
特徴のあるシャープな文字が繋がっているので、パッと見文字には見えず、よく見ると名前になっているというなかなか洒落たリングです。
リングサイズはなんと30号。リングの幅や厚みも一般的なものと比べてかなりごつく、スタイリッシュでありながらパンチの効いた、まさにメンズリングと呼ぶににリングです。

リーゼントのトラとRock’nRollのリング

mens ring3
正面を睨みつけたようなリング中央のリーゼントの虎をメインに、トランプとエイトボール、そしてRock’n Rollの文字が入ったリボンと、男子が好きなアイテムがここぞとばかりに盛り込まれたリング。
さらにリング腕部分は一周ブログックチェックになっていて、側面には星とLUCKY18の文字が浮き彫りになったプレートが左右にそれぞれ配置してあります。
TIGER&TRUMP RING
メインの地金はシルバー(SV925)ですが、トランプと虎、側面のプレートは真鍮製で、時間とともに変色していく様も楽しめます。
それぞれのパーツだけでなく、リング全体でRock’n Rollを体現したようなリングです。

「俺」のピアス

mens pierce1
どこからどう見てもメンズで間違いない、「俺」の文字をそのまま形にしたピアス。
サイズは約7mm×6.5mmとコンパクトですが、耳に「俺」の文字はなかなかインパクトがあり面白いと思います。
漢字をそのままピアスにする。文字の内容はもちろん、字体やサイズによってもかなり印象が変わってきますし、色々と遊べそうなので、アリですね!

甲冑のリング

mens ring1_1
こちらのリングは西洋の甲冑をモチーフにしたリング。
シールド型の印台リングの正面に甲冑が埋まったようなデザインで、甲冑の胸の部分はオニキスをセットしています。
オニキスは胸の部分に合わせて規制のサイズをカットしてから磨き直しはめ込んでいます。

mens ring1_2
リングの左右にはそれぞれ剣とメイスをクロスした状態で配置。
シンプルになりがちな印台型のリングの側面に装飾を施すことで、見た目のバランスだけでなく作品の世界観もグレードアップしているようです。
こちらのリングも一番上の「文字を彫ったリング」と同様、リングサイズがなんと30号。リングの厚みもかなりあって、ズシッとした重厚感を感じます。
静かな佇まいの中にある戦いに備えるピリッとした空気を感じることができる一品になりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

G-IRONの真骨頂ともいうべきゴツめなメンズアクセサリー。
まだまだ紹介したいアイテムがたくさんあるので、このシリーズはもうしばらく続けるつもりです。

是非次回もご期待ください!

orderbanner
=====================
オーダーの流れ・注意点に関して→ ABOUT
過去のオーダー作品はこちら  → WORKS
お問い合わせはこちら    → CONTACT
=====================